古民家キッチン開店へ 築100年超の母屋改修 地元食材の料理提供、食用油も販売 浜松・村松製油所

 食用油を製造販売する1872年創業の村松製油所(浜松市西区湖東町)はこのほど、異業種連携で取り組んだ築100年超の母屋の大規模改修を完成させた。テナントとして古民家キッチンが開店するのを前に6日、内覧会を開き、関係者に地元食材を使った本格料理が振る舞われた。

大規模改修を完了し、古民家キッチンが開店する新母屋。自慢のごま油などは店頭販売する=浜松市西区の村松製油所
大規模改修を完了し、古民家キッチンが開店する新母屋。自慢のごま油などは店頭販売する=浜松市西区の村松製油所

 古民家キッチンは10日にオープンする「ゑふすたいる」。中区のワイン&ジャパニーズグリル「フジタ」のオーナーシェフ藤田隼介さん(40)が運営し、三ケ日牛と浜名湖竜神豚の丼、自家製のフライドポテトやスイーツ類を提供する。営業は午前11時~午後5時(月、火曜定休)で、持ち帰りもできる。
 新母屋ではゴマを中心に多様な種から搾った油を店頭販売する。さらに、圧搾体験などを楽しめる工房を夏までに整えるという。
 改修と飲食参入は、製油所工場長の木下伸弥さん(41)の思いに賛同した藤田さんをはじめ、北区の住宅建設・リフォーム「Wish」や、中区の汁なし担々麺専門「ラボラトリー」の経営者が計画してきた。コロナ禍の挑戦を地域振興に結びつけようと、レトロ感満載のねじ式圧搾機を観光資源として生かした仕掛けも展開する。
 (浜松総局・荻島浩太)

いい茶0
メールマガジンを受信する >