クラウンメロンふんだん 栽培開始100周年、袋井でマルシェ

 袋井市の特産品クラウンメロンの料理やスイーツなどが一堂に集まる「クラウンメロン100周年マルシェ」が6日、同市の県温室農業協同組合クラウンメロン支所で開かれた。クラウンメロン栽培開始100周年の記念イベント。

種取りメロンを購入する来場者=袋井市の県温室農業協同組合クラウンメロン支所
種取りメロンを購入する来場者=袋井市の県温室農業協同組合クラウンメロン支所

 新型コロナウイルスの感染拡大により、売り上げが落ち込んだメロン農家や事業者の支援につなげようと、移動販売業などを展開する「リソルト」(同市)が同支所や市などと協力して開催した。
 市内の飲食店、菓子店など約20店舗が出店し、「クラウンメロンモッツァレラチーズバジル和え」といった創作料理やメロンジュースなどを販売。種取りメロンの数量限定販売、果肉を使ったかき氷などが人気を集め、あいにくの雨となったが、会場は家族連れなどでにぎわった。
 家族や友人と訪れたという同市の会社員松浦みきさん(32)は「遠出できない分、地元のイベントを楽しんだ。特産品に親しめて子どもたちも喜んでいる」と話した。
 (袋井支局・仲瀬駿介)

いい茶0
メールマガジンを受信する >