留学生の就職支援 企業が求める人材など紹介 静岡で講座

 ふじのくに地域・大学コンソーシアムは5日、県内の大学で学ぶ留学生を対象に、国内就職を支援する講座を静岡市葵区で開いた。ベトナムや中国の留学生約20人が参加し、日本の就職活動に理解を深めた。

留学生に日本の就職活動を紹介した講座=静岡市葵区
留学生に日本の就職活動を紹介した講座=静岡市葵区

 日本では同時に複数企業に応募する就職活動の特徴や、県内に焦点を当て、静岡の産業や県内企業が求める人材などについて紹介した。
 企業が求める日本語能力について講師は「敬語が使えるということよりも、日本語でコミュニケーションを取れることが重視される」と説明。留学生からは「2年生だが、今から準備できることはあるか」といった質問が寄せられた。
 ベトナムから静岡英和学院大に留学中のレ・ティ・ミン・クェさん(24)=静岡市駿河区=は「貿易や人材派遣の仕事に興味がある。これから良い企業を見つけたい」と意気込んだ。
 (社会部・日比野都麦)

いい茶0
メールマガジンを受信する >