冷たい「藤枝朝ラーメン」カップ麺で再現 寿がきや食品が商品化

 大手食品加工メーカー「寿がきや食品」が、藤枝市独自の食文化である藤枝朝ラーメンのカップ麺「全国麺めぐり藤枝朝ラーメン冷たい醤油味」を商品化した。朝ラーメンを愛する市民有志の団体「藤枝朝ラー文化軒究会」の公認商品で、7日から全国のスーパーや県内のコンビニ店で販売される。

冷たい藤枝朝ラーメンを再現したカップ麺=藤枝市内
冷たい藤枝朝ラーメンを再現したカップ麺=藤枝市内

 かつおだしの甘口しょうゆ味で、かやくはチャーシューやネギ、メンマ。熱湯を注いで6分後に湯切りし、3回ほど冷水を入れて熱を取る調理法を採用することで冷たいラーメンを再現した。販売数は20万食。価格は税込み257円。
 藤枝朝ラーメンは、早朝の新茶取引などの後に仕事帰りの一杯を求める人が多く、ラーメン店主が開店を早めたことが起源とされる。文化軒究会の担当者は「さっぱりとした甘口で、朝ラーの味がよく表現されている。茶どころ藤枝で発展した食文化を知ってもらえたら」と話す。
 (藤枝支局・岩下勝哉)

いい茶0
メールマガジンを受信する >