初夏の熱海、涼しげに ジャカランダ見頃、フェスティバル開幕

 熱海市東海岸町のジャカランダ遊歩道で5日、初夏を彩る「ATAMIジャカランダフェスティバル2021」(市観光協会主催)が始まった。薄紫色の花が見頃を迎え、観光客を楽しませている。20日まで。

遊歩道に咲き乱れるジャカランダの花=熱海市東海岸町
遊歩道に咲き乱れるジャカランダの花=熱海市東海岸町

 ジャカランダは熱帯地域を中心に分布する世界三大花木の一つ。「花が頭に落ちると幸運が訪れる」との言い伝えもある。
 同遊歩道には100本以上が植栽されていて、熱海の初夏を告げる花として定着している。高さ10メートルを超える高木から目線の高さの幼木まであり、観光客は愛らしいラッパの形をした花をカメラに収めたり、間近で見たりして楽しんだ。
 期間中は毎日午後6~10時にライトアップする。市中心街に点在する「熱海七湯」のいずれか1カ所でスタンプを押印し、午後5時までに市観光協会に提示すると先着500人に入浴剤「日本の名湯熱海」を贈るキャンペーンも実施している。
 問い合わせは同協会<電0557(85)2222>へ。
 (熱海支局・豊竹喬)

いい茶0
メールマガジンを受信する >