テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 杉山幹男さん 静岡県立あしたか職業訓練校の校長に就任

 静岡県のふじのくに大使館(東京事務所)や、同領事館領事(大阪事務所長)など県外での勤務を歴任。県東部農林事務所次長を経て4月に着任した。60歳。

杉山幹男さん
杉山幹男さん

 -就任の思いは。
 「生徒を預かるという職務はこれまでの県職員人生で初めての経験。訓練生の1年間の成長を楽しみに過ごしている。きめ細やかな職業訓練と生徒指導に取り組み、社会に巣立つ姿を見守っていきたい」
 -施設の特徴は。
 「身体障害や知的障害のある訓練生が、企業への一般就労に向け職業人として必要な知識や技能を習得する支援を行う。開校以来、就職率はほぼ100%で定着率も良い状況が続く」
 -力を入れることは。
 「企業から講師を招き実践的に実習したり、寮生活を通じて自立心を養ったりして即戦力になる人材を育成する。社会に出てくじけそうになっても、頑張れるよう職員みんなで工夫した教育展開を心掛けている」
 -今後の活動は。
 「本年度の訓練生は38人。定員の50人に向けて学校のPR活動にも尽力したい。以前企業誘致の勤務で県内進出に携わった企業が、障害者雇用に力を入れている姿を見て感慨深い気持ちになった。受け入れ側の企業にはさらに理解を促し、就職率向上を目指したい」
     ◇
 朝礼で生徒の元気な様子を見ることが喜び。息抜きは猫の散歩。
 (東部総局・水野紗希)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む