静岡県知事選 現県政と国政…二つの審判【識者に聞く】

 今回の静岡県知事選における有権者の投票の判断基準は、この知事選をどのような性格の選挙であるとみるかによる。選挙の争点としては「大井川の水」や「コロナ対策」などが挙げられるが、これらの争点に関して2人の候補は政策的にかみ合っていないと言える。むしろ注目すべきはこの知事選の二つの側面、性格ではないだろうか。

白鳥浩 法政大教授
白鳥浩 法政大教授

 それは第一に県政担当者としての「川勝県政をどう見るか」という側面と、第二に、昨年から新たに国政のかじ取りとなった「菅政権の国政運営をどう見るか」という側面である。
 第一の県政の担当者を決めるという側面は、そもそものこの選挙の本来の性格を表していることは言うまでもない。川勝氏は知事として3期12年の間、県政を担当してきた。その間の業績に対する「川勝県政への信任投票」としての意味合いである。強く環境保護を打ち出し、県民のいのちの水を重視する政策を打ち出す川勝氏の今回の訴えとともに、これまでの政策の成果が問われていくという側面である。
 第二の国政の担当者を決めることへの影響という側面は、衆院議員の任期が今年の秋に切れるという中で行われる、この選挙の特異な性格を表している。自民党は、国土交通副大臣であった岩井氏を、同じく12年ぶりに自民党の本部推薦を得て擁立することとなった。擁立当時、選挙の指揮を執る党県連会長は、菅内閣の現職の法務大臣である。これにより、いきおい「衆院選の前哨戦」としての性格を強く帯びることとなり、代理的な「菅政権への信任投票」としての意味合いも持つこととなった。コロナ対策に対する政府の政策の評価、そして近い将来に行われる衆院選における政党選択の予備選といった側面が付されているのである。
 思えば12年前の知事選は民主党による政権交代への前哨戦でもあった。そうした県政、国政の多様な側面をはらみながら、県民の審判を投票日まで待つことになる。今後の両候補による真摯(しんし)な論戦を期待したい。
 (白鳥浩/法政大教授・現代政治分析)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ