袋井特産「クラウンメロン」100周年 6月6日に記念行事

 袋井市特産のクラウンメロンを使用した料理やスイーツなどが一堂に集まる「クラウンメロン100周年マルシェ」が6月6日、同市の県温室農業協同組合クラウンメロン支所で開かれる。今年で同市でのクラウンメロン栽培開始から100周年を迎えた記念イベント。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた生産者や事業者の支援を目的に移動販売などを展開する「リソルト」(同市)が、同支所や市などと協力して開催する。市内の飲食店、菓子店など約10店舗が参加し、自慢のメロン料理を販売する。市内作家によるクラフト雑貨の販売やワークショップも開かれる。
 市内のクラウンメロン生産者は135軒。リソルトの柴田将人代表は「100周年を機にクラウンメロンを発信したい。特産地だからこその幅広いメロンの楽しみ方を知ってもらえたら」と話す。
 午前10時~午後3時で、雨天決行。問い合わせはリソルトの柴田代表<電080(3070)8063>へ。

いい茶0
メールマガジンを受信する >