下田沖根の石取・イシダイ釣り 手応え十分、57センチ/3.4キロ ワンチャンス逃さず【魚影を追って】

 待望の乗っ込みイシダイの季節を迎えた。伊豆半島各地で、水温上昇とともに良型が揚がり始め、釣果がアップしていく。梅雨の晴れ間、これまでも実績がある下田沖根の石取に釣行した。

良型のイシダイを仕留めた渡辺さん
良型のイシダイを仕留めた渡辺さん
イシダイの引きに耐えながらのやり取り
イシダイの引きに耐えながらのやり取り
今回の釣り場 下田沖根、石取
今回の釣り場 下田沖根、石取
使用した仕掛け
使用した仕掛け
良型のイシダイを仕留めた渡辺さん
イシダイの引きに耐えながらのやり取り
今回の釣り場 下田沖根、石取
使用した仕掛け

 いつもお世話になっている南伊豆町湊の釣具店・南礁さんで餌のサザエを購入、低い磯が良いとの情報も得て、下田市田牛の渡船「喜一丸」を訪れた。あいにく、前日の西風の影響でうねりが残り、低い磯は断念。安全を考慮して、大型の確率が高い石取本場に渡礁した。
 午前6時過ぎ、朝早い時間が勝負と期待を込めて第一投。下り潮が効いて、大型イシダイが釣れそうな雰囲気だ。遠投して底を探り、40メートル付近の沈み根に狙いを定めて仕掛けを落ち着かせる。早速、竿先を揺らす餌取りの当たり。餌のサザエがすぐ取られてしまう。打ち返しを繰り返すと、時折大きな当たりがあるものの、まだ本命の気配はない。焦る気持ちを落ち着かせ、じっくりと攻める。
 9時を過ぎたあたりから潮の動きが悪くなり、餌が残るようになった。「きょうもダメか」。容易に釣れる魚ではない。正午を回ったころ、餌取りがまた出始めた。本命を思わせる、今日一番の竿先を押さえる当たりがあり、一瞬緊張したが、やっぱり違う。投げる距離や方向を変えて攻めるも、反応は芳しくない。
 諦めかけた午後1時すぎだった。一緒に渡礁した友人の渡辺文章さん(裾野市)が、55メートル付近を狙い明確な当たり。竿先が海中に向かって突っ込んだ。渡辺さんは慌てず竿を持ち、大きく合わせを入れた。「やった、手応えは十分」。竿が根元から絞り込まれる。幾度かの強烈な魚の抵抗をかわして浮いてきたのは、良型の雄のイシダイ。ワンチャンスをものにした、価値ある一匹だ。
 「ほかのイシダイが近くにいるかもしれない」。渡辺さんに続けと同じ場所を狙い、2時まで粘ってはみたが、また当たりが止まり、釣果には結び付かなかった。「今度は自分も」との思いを胸に釣り場を後にした。後の計測で、渡辺さんのイシダイは57センチ、3・4キロだった。
 問い合わせは喜一丸<電0558(22)3970>へ。
 (A)

いい茶0
メールマガジンを受信する >