ドラマ「ゆるキャン△2」 浜松のロケ地紹介、市がマップ作成

 浜松市は、SBSテレビで放送中のドラマ「ゆるキャン△2」に登場した浜松市内の撮影地を紹介するマップ5万部を作成した。ファンや観光客にロケ地巡りを楽しんでもらおうと、JR浜松駅構内の観光インフォメーションセンターや市役所、各観光協会などで配布を始めた。

テレビドラマ「ゆるキャン△2」のロケ地を紹介するマップ=浜松市役所
テレビドラマ「ゆるキャン△2」のロケ地を紹介するマップ=浜松市役所

 マップは、主人公の女子高生たちが友情を深めた三ケ日高山ふれあいの森展望台や、うな重に舌鼓を打ったウナギ店「うなぎ さくめ」など12カ所を紹介している。
 表紙は志摩リン役の福原遥さん、各務原なでしこ役の大原優乃さんら5人が登場。ポスターなどに使われるドラマのメインビジュアルで、浜名湖の弁天島海浜公園沖の「いかり瀬」で撮影された。
 B4サイズの二つ折り。原作漫画「ゆるキャン△」の作者で、同市出身の「あfろ(あふろ)」さんが市民やファンに向けて寄せたメッセージも載せた。
 市はアニメ「ゆるキャン△ SEASON2」のモデル地を紹介するマップも今春から引き続き配布している。市観光・シティプロモーション課の担当者は「ゆるキャンは家族連れや女性にも人気が高い。持続的な誘客につなげたい」と期待を寄せる。
 (浜松総局・白本俊樹)

いい茶0
メールマガジンを受信する >