新ご当地グルメ「浜松焼そば」発売 浜商調査研究部と鳥居食品

 浜松商高(浜松市中区)の調査研究部は1日、新たなご当地グルメとして老舗ソースメーカーの鳥居食品(同区)と共同で商品開発した「浜松焼そば」のPR販売会を、JR浜松駅構内の売店で開いた。

駅利用客に商品を説明する生徒ら=JR浜松駅
駅利用客に商品を説明する生徒ら=JR浜松駅

 浜松焼そばは「地元を思い出す味わい」がコンセプト。もっちりとした太麺に味が絡むよう、スパイシーなオリジナルソースを考案した。ウナギの骨の粉末ふりかけが風味を引き立てる。
 販売会には生徒20人が参加し、商品を紹介するチラシを配るなどして、駅利用者らに購入を呼び掛けた。2年の田畑百慧さん(16)は「まずは形になって、本当にうれしい。浜松を懐かしんで、皆さんに笑顔になってほしい」と話した。
 浜松焼そばは、1袋399円(税込)。1万食を目標に、同駅コンコース売店や新東名高速道浜松サービスエリアで販売する。

いい茶0
メールマガジンを受信する >