朗読音楽劇を披露 「音の郵便屋さん」が公演 浜松・中区

 静岡県西部の作曲家兼演奏家2人による音楽ユニット「音の郵便屋さん」の公演(静岡新聞社・静岡放送後援)が30日、浜松市中区のアクトシティ浜松音楽工房ホールで開かれ、オリジナルの朗読音楽劇「浜松アマビエ物語」などを披露した。

朗読音楽劇などを披露した「音の郵便屋さん」の公演=浜松市中区のアクトシティ浜松音楽工房ホール
朗読音楽劇などを披露した「音の郵便屋さん」の公演=浜松市中区のアクトシティ浜松音楽工房ホール

 山崎景さん=袋井市出身=がフルートを、川村菜穂子さん=浜松市東区=がピアノと脚本、朗読を担当した。
 劇は大地の精霊と天女が巨大地震を「アマビエの歌」で鎮め、村に平和を取り戻す内容。打楽器奏者の斉藤珠希さんもゲストとして参加し、情感豊かな演奏で物語の展開を表現した。
 ユニットのオリジナル楽曲の中から人気曲も披露した。
 (浜松総局・吉田直人)

 

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ