デイサービス利用者に甘夏 静岡・神谷さん夫妻

 全身のさまざまな箇所に病変が表れる難病サルコイドーシスを患い、患者団体「県サルコ友の会」の会長も務める神谷京子さん(76)と夫の共一さん(78)=静岡市清水区茂野島=はこのほど、同区で高齢者のデイサービスや子ども食堂を行っているNPO法人「泉の会」に甘夏約20キロを贈った。

収穫した甘夏をNPO法人「泉の会」に寄贈する神谷さん夫妻(左)=静岡市清水区
収穫した甘夏をNPO法人「泉の会」に寄贈する神谷さん夫妻(左)=静岡市清水区

 コロナ禍の影響を受けた人々に少しでも助けになればと企画した。贈呈した甘夏は、共一さんが同区興津の果樹園で栽培している果実を完熟になってから収穫し、京子さんが選別した。京子さんは「難病によって入退院を繰り返す中で、みんなに助けられながら生きている。自分も同じように誰かの力になりたい」と話した。
 果実はデイサービスで通う高齢者ら約10人がデザートにして味わった。同会の藤下品子会長は「ビタミンなど栄養豊富な物をいただき、大変ありがたい」と謝意を述べた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >