浜松市が独自の警戒宣言 新型コロナ、若者や外国人の感染急増 連休後553人

 浜松市の鈴木康友市長は26日、大型連休後の市内の新型コロナウイルス感染者数が553人に上るなど感染者が急増している状況を受け、市独自の「感染拡大警戒宣言」を市民に向けて発令した。飲食店への時短要請などは行わず、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置発令地域への不要不急の往来自粛を呼び掛ける内容。大型連休後の感染者のうち、10~20代の若い世代と、在住外国人の割合が急大したデータも公表し、注意を促した。

感染拡大警戒宣言の発令を記者会見で発表する鈴木康友浜松市長(右)=26日午後、同市役所
感染拡大警戒宣言の発令を記者会見で発表する鈴木康友浜松市長(右)=26日午後、同市役所
浜松市における感染者の内訳(5月7~26日発表分)
浜松市における感染者の内訳(5月7~26日発表分)
マスク姿の通勤者が行き交うJR浜松駅周辺。新型コロナウイルス感染拡大に市民は危機感を強める=26日午後、浜松市中区
マスク姿の通勤者が行き交うJR浜松駅周辺。新型コロナウイルス感染拡大に市民は危機感を強める=26日午後、浜松市中区
感染拡大警戒宣言の発令を記者会見で発表する鈴木康友浜松市長(右)=26日午後、同市役所
浜松市における感染者の内訳(5月7~26日発表分)
マスク姿の通勤者が行き交うJR浜松駅周辺。新型コロナウイルス感染拡大に市民は危機感を強める=26日午後、浜松市中区

 鈴木市長は、直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数など複数の指標で、国が定める「ステージ4(感染爆発段階)」の基準を超えている現状を挙げ、ステージ4の基準を下回った時が警戒宣言解除の目安になるとの見方を示した。家庭内感染が増加していることを説明し、家庭内でもできるだけマスクの着用や手指消毒を行うよう求めた。
 市によると、連休後の7~26日に発表した感染者計553人のうち、10代と20代の割合が計39・6%を占め、昨年12月末の20%程度から大幅に伸びた。鈴木達夫医療担当部長は「(感染力が強い)変異株の感染拡大も一因と考えられる」と述べた。市は学生団体に協力を呼び掛け、会員制交流サイト(SNS)を活用して注意喚起に取り組む。
 一方、外国人が占める割合は4月時点で10%程度だったが、大型連休後は24・8%に急拡大した。市は多言語で感染防止の徹底を呼び掛けるため、就労先の企業などと連携する連絡者会議を設け、防止対策を進める。
 鈴木市長は「(言葉の壁から)情報弱者となり得る外国人市民も含め、市民と危機意識を共有することが重要だ」と強調した。
(浜松総局・瀬畠義孝)

あなたの静岡新聞 アプリ