静岡県知事選公開討論会 リニア問題白熱 川勝氏/生態系や水質にも問題 岩井氏/住民判断 ルート変更も

 知事選(6月3日告示、20日投開票)に立候補を表明している現職の川勝平太氏(72)と元参院議員の岩井茂樹氏(52)=自民推薦=が25日、静岡市清水区の清水テルサで開かれた静岡青年会議所主催の公開討論会に出席した。リニア中央新幹線工事について岩井氏が「ルート変更や工事中止も選択肢」とJR東海に対し厳しい姿勢を見せると、川勝氏が「大変重要な発言」と反応するなど、白熱した議論が交わされた。

県知事選公開討論会で意見を述べ合う2人の候補者=25日午後、静岡市清水区
県知事選公開討論会で意見を述べ合う2人の候補者=25日午後、静岡市清水区

 両氏が出馬表明後に同じ場で意見交換するのは初めて。三つのテーマで行われ、人口減少問題、新型コロナ対策では両氏とも持論を述べるのみだったが、リニア問題では互いに質問が飛んだ。
 口火を切ったのは川勝氏。水問題だけでなく生態系や水質などの課題もあると指摘した上で、トンネルを掘った後に約20年かけて山梨県からの湧水をポンプアップして戻すとする国土交通省専門家会議がとりまとめた中間報告案についての賛否を岩井氏に尋ねた。岩井氏は「流域住民が理解しない限り認めない」と厳しい姿勢を強調した。これに対し川勝氏は住民理解を得るのは当然だとし、報告案についての賛否を再度ただしたが、時間切れとなった。
 岩井氏のルート変更、工事中止への言及も川勝氏の質問を受けたもので、岩井氏は「地域住民が判断するならそれを伝える」と応じた。川勝氏が「自民党全体の責任において発言しているのか」と問うと、岩井氏は「そのときの状況を踏まえてそういうこともあり得る」と述べた。
 人口減少対策に関して岩井氏は若い女性の流出が顕著だとして女性活躍の必要性を力説。「知事になったら女性副知事を誕生させる」と明言した。一方の川勝氏は一度静岡を離れた県民に本県の魅力を伝え、30歳になったら県に戻れるように後押しする県の施策の実績を説明した。
 コロナ対策については、川勝氏が検査体制の充実を主張したのに対し、岩井氏はワクチン接種で市町と競合することなく役割分担することが必要と訴えた。
 討論会には約150人が出席。動画も配信した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >