町の魅力発信、振興へ 長泉町とJ1清水 協定

 長泉町とサッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスは25日、地域の持続可能な発展に向けたファミリータウンパートナーシップ協定を結んだ。

協定書に署名する池田町長(左)と山室社長=長泉町役場
協定書に署名する池田町長(左)と山室社長=長泉町役場

 協定締結により、持続可能な開発目標(SDGs)の推進に向けた取り組み▽サッカーを通じた地域活性化▽町の魅力発信および地域振興-などで連携する。具体的には、9月のホーム戦で町がPRブースを出店したり、エスパルスが町内の学校でキャリア教育を実施したりする。
 町役場で締結式を開き、池田修町長と山室晋也社長が協定書に署名した。池田町長は「情報発信力やネットワークを活用させてもらい、地域全体の活性化につなげる」と感謝した。山室社長は「若い世代のファン層の拡大が課題」と述べ、町に協力を求めた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >