テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 松村拓郎さん 地元飲食店の料理を宅配する「ヌマヅイーツ」を展開

 父が経営するラーメン店で4年間働いた後、2019年に地元飲食店の人材確保を支援する「エキサイティング」を起業。20年5月から「ヌマヅイーツ」に乗り出した。24歳。

松村拓郎さん
松村拓郎さん

 ―なぜヌマヅイーツを始めたのか。
 「昨春の休業要請で、身近な飲食店がテークアウトしかできなくなった。店の代わりに料理を配達することで、地元店を守りたいと思った。沼津で出前と言うと、すしかピザがほとんどで選択肢が少なかった。もっといろんな料理を楽しめればという思いもあった」
 ―どんな思いで事業に取り組んでいるのか。
 「地元に密着したサービスとして、商品だけでなく、店が商品に込めた思いやこだわりも一緒に届けていく。利用者には常連の店だけでなく、今まで行ったことがなかった店の魅力を知る機会にしてほしい」
 ―苦労したことは。
 「昨年中は売り上げが伸び悩んだ。加盟してくれた飲食店の力になれず、歯がゆかった。今では利用登録者が5千人を超え、加盟店も約40店まで増えた。飲食店との協力し合える関係を築けたことがうれしい」
 ―今後の展望は。
 「次は加盟店50店、登録者は沼津市民の約1割に当たる2万人を目指す。年内の法人化も検討している」
     ◇
 ラーメンが大好物。3食全てラーメンの日も。
 (東部総局・八木敬介)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む