はやぶさ2カメラ開発の杉田東大院教授 地元・浜北少年科学クラブの後輩に解説

 小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載されたカメラの開発に携わった東京大大学院の杉田精司教授(浜松市浜北区出身)が1日、浜北少年科学クラブの子どもらに向けてオンラインで講演した。同クラブ出身でもある杉田教授は、はやぶさ2が持ち帰った小惑星の試料の分析で生命誕生の謎に迫ろうとしていることなどを解説した。

オンライン講演を行う杉田教授=浜松市浜北区の浜北地域活動・研修センター
オンライン講演を行う杉田教授=浜松市浜北区の浜北地域活動・研修センター

 杉田教授は、小惑星りゅうぐうは光を反射する割合が非常に低くて黒く、炭素が豊富な上、水を含む物質も多いと指摘。太陽に近づいた歴史があって軌道が変化したことや、2回の衝突の結果として現在の形になったことなども説明した。
 生命に不可欠で、地球に豊富にある水や有機物はどこからどのように来たのか詳しく分かっていない。はやぶさ2が持ち帰った試料に水と有機物が含まれていたことを振り返った杉田教授は「今後の分析も非常に楽しみ」と語った。
 小中学生ら約100人が聞いた。自宅に視聴環境がない子どもらのため、同区の浜北地域活動・研修センターにも配信した。
 (浜北支局・松浦直希)

いい茶0
メールマガジンを受信する >