富士山5合目に通じる県道、4月28日閉鎖解除 静岡県側1年5カ月ぶり

 県は22日、富士山5合目に通じる県道3ルート(富士宮口、御殿場口、須走口)の冬季閉鎖を28日午前11時に解除すると発表した。昨年は新型コロナウイルス感染拡大などの影響で年間を通して通行止めにしたため、5合目まで車両が通行できるのは2019年11月以来、1年5カ月ぶりになる。
 解除されるのは富士宮口の富士山スカイライン(全長13キロ)と須走口のふじあざみライン(同11・5キロ)、御殿場口の県道富士公園太郎坊線(同1・7キロ)。
 富士山スカイラインは夜間に路面凍結の恐れがあるため、当面、午後5時から翌日の午前8時までは通行止めにする。また、5合目より上は積雪で危険なため、3登山道とも終日閉鎖を継続する。
 例年、解除に合わせて行っているセレモニーは新型コロナウイルス感染対策を考慮して取りやめる。
 県によると、マイカー規制は例年通り、7月10日から9月10日まで実施する予定。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0