天浜線「マリメッコ」車両引退 5月ラストラン、再利用案を公募

 天竜浜名湖鉄道は20日、現役車両で最も古い「TH3501」の運転終了を発表した。フィンランドの人気ブランド「マリメッコ」で装飾したスローライフトレインとして運行し、人気を集めていた。5月23日にラストランと引退セレモニーを開催する。ただ、廃車を惜しむ声が多く、同社は引退後の車両の再利用案を公募する。

5月23日に引退するTH3501「スローライフトレイン」=浜松市天竜区の天竜二俣駅
5月23日に引退するTH3501「スローライフトレイン」=浜松市天竜区の天竜二俣駅

 TH3501は、1996年に導入し、当時運行していたトロッコ列車のけん引車両として活躍。トロッコ列車の営業終了後は、沿線の都田建設ドロフィーズ(浜松市北区)の協力でスローライフトレインとして運転を続けたが、老朽化で一区切りを迎えた。
 レトロな車両とポップな内装の組み合わせが、女性などに人気を博してきた。担当者は「古き良き列車で運転士にも思い入れのある車両。第二の人生をいい場所で歩んでくれることを期待している」と語る。
 23日の引退セレモニーは、午前9時30分から天竜二俣駅で開催。ラストランは車両に乗車できないが、遠州森駅と三ケ日駅ホームで停車し、「勇退グッズ」の即売会を開く。
 再利用に関する公募は22日~5月末まで受け付ける。応募要項、問い合わせは同社営業課<電053(925)2276>へ。
 (天竜支局・垣内健吾)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0