サッカー+ゴルフ=フットゴルフ 御前崎・浜岡コース5月開始、ツアーや大会誘致へ

 御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテルは5月から、サッカーとゴルフを融合したスポーツ「フットゴルフ」の利用を開始する。3密を避けたコロナ対応のレクリエーションとして誘客を図り、市内観光と組み合わせたツアーの企画や国内外の大会の誘致にも取り組む。

フットゴルフを楽しむ中学生ら=御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテル
フットゴルフを楽しむ中学生ら=御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテル

 フットゴルフの基本的なルールはゴルフと同じで、サッカーボールを蹴っていかに少ない回数でカップに入れられるかを競う。昨年から専用のカップ(直径約53センチ)を開けるなどコースを改修し、今年2月には実証事業も行った。県内外から120人が参加し、老若男女が楽しめると手応えを得たという。
 18日に同所で記念式典を行い、フットゴルフ選手の川添祐介さん(42)=富士市=らが始球式を行った。サッカーのクラブチーム「ソーニョFC掛川」の中学生も体験で参加し、傾斜や風向きを考えながらカップインを目指した。
 同ホテルの宮沢裕樹支配人は「開けたスペースで自然に囲まれながらプレーできる。時代に合ったスポーツではないか」と話した。
 (御前崎支局・木村祐太)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0