感染者43人、15日の静岡県内 静岡市の施設でクラスター【新型コロナ】

 静岡県内で15日、計43人の新型コロナウイルス感染が確認され、2日連続で感染者が40人を超えた。静岡市では葵区のグループホームでクラスター(感染者集団)が発生した。県内の累計感染者数は6079人(再陽性者を含め6080人)。

静岡県内の新型コロナウイルス感染者(15日現在)
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(15日現在)

 静岡市は18人の感染を確認した。このうち5人はクラスターが発生したグループホームの入居者だった。市は全職員16人と残りの入居者13人のPCR検査を進めている。
 クラスター発生を認定した浜松市の航空自衛隊浜松基地の寮では、20代の入居者6人の感染が新たに確認された。市は感染者計13人と同じ階に入居し、まだ検査を受けていない全112人に検査を行う方針。
 変異株の検査では、県と静岡市で計5人の感染が判明した。県発表の1人は中部保健所管内の高齢でない成人女性で、県外滞在歴はない。同市発表の4人の感染経路は調査中という。このほかの居住地別の感染者は掛川市4人、磐田市と袋井市と県外で2人など。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0