浜松いわた信金職員、浜松のブラジル人学校生徒に講座 雇用、生活費など解説

 浜松いわた信用金庫は15日、講座「お金から考える あなたの未来」を浜松市東区のブラジル人学校「イーエーエス伯人学校」で初開催した。同信金の職員が、高校生65人にライフプランを考えることの重要性などをポルトガル語で紹介した。

ポルトガル語で生徒に語りかける相川さん=浜松市東区の「イーエーエス伯人学校」
ポルトガル語で生徒に語りかける相川さん=浜松市東区の「イーエーエス伯人学校」

 SDGs推進部の日系ブラジル人相川アンジェラさんが講師を務めた。正規雇用と非正規雇用の長所や短所、年収の違いなどをグラフに示しながら紹介。正規雇用の方が、より高い年収を見込めることを強調した。
 子育てや1人暮らしにかかる費用の目安も示し、中長期的なライフプランを検討することが重要だと呼び掛けた。
 日本に住むブラジル人の多くが非正規雇用で働いている現状や、外国人学校でキャリアやお金に関する授業がほとんど行われていないことなどから実施した。同信金は今後、県西部の外国人学校でも講座を展開する。
 (浜松総局・土屋咲花)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0