静岡茶市場の新茶最高値108万円 JA富士宮茶業委員会の手もみ茶

 静岡茶市場で14日に行われた新茶初取引の最高値は、JA富士宮茶業委員会が販売した手もみ茶1キロで、108万円だった。富士宮富士山製茶(富士宮市)が仕入れた。JA富士宮の販売担当の遠藤義典さん(31)は「コロナで大変な中で原点に戻ろうと、縁起の良い茶寿(108歳)にちなんで値付けさせてもらった。香りが際立ち、口当たりの良いお茶に仕上がった」と話した。

最高値で取引されたJA富士宮茶業委員会の手もみ茶=14日午前、静岡市葵区の静岡茶市場
最高値で取引されたJA富士宮茶業委員会の手もみ茶=14日午前、静岡市葵区の静岡茶市場

 富士宮富士山製茶の土井貴代表社員(43)は「例年より1週間ほどペースが早い中、よく仕上げてくれた。新茶らしいフレッシュな味わいになりそう」と期待を寄せた。
 機械もみは両河内茶業会(静岡市清水区)の1キロ当たり8万8888円で、和田長治商店(同市葵区)が仕入れた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >