浜松のジャズユニットが初アルバム ジャケット、高校生とコラボ

 浜松市のジャズユニット「EllieKizz(エリーキッズ)」が10日、初のアルバム「Step by Step」をリリースする。浜松学芸高(中区)の生徒によるデザインをジャケットに採用し、美術を学ぶ高校生と地元音楽家のコラボレーションを実現した。

アルバムを手にする(左から)松原さん、吉山さん、岡田さん、田邑さん=浜松市中区
アルバムを手にする(左から)松原さん、吉山さん、岡田さん、田邑さん=浜松市中区

 エリーキッズは、バイオリニスト岡田恵里さん、ピアノ松原弘明さん、ベース田邑元一さん、ドラム君塚晃一さんの4人で構成する。2017年に結成し、市内外でライブを行ってきたが、コロナ禍で活動がままならない中で楽曲を形に残そうと初めてのアルバム制作に至った。
 ジャケットは着物を身にまとった3人の子どもが目を細めて楽しげに寄り添うデザインで、同校美術コース3年の吉山采花さん(17)の作品。11作品の中から、バンドのメンバーが選考した。
 吉山さんはアルバムのタイトル曲「Step by Step」の暖かみのある曲調や「子供心を忘れない」というバンドのコンセプトからイメージを膨らませたという。「曲がすてきだったので、担当できて光栄」と笑顔を見せた。
 CDにはオリジナルの9曲を収録。バイオリンの音色を生かしたさまざまな曲調のジャズが楽しめる。
 発売日の10日は中区田町のジャズスポット「アナログ」で完成記念ライブを開く。ライブやCDの問い合わせはメンバーの松原さん<電070(5440)6595>へ。
 (浜松総局・土屋咲花)

SNSでシェアするSHARE

いい茶0