児童優雅に「乙女の舞」 焼津・和田神社で例大祭

 焼津市の和田神社で4日、春の例大祭が開かれた。地元の小学生がみこ姿で「乙女の舞」を奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

「乙女の舞」を披露する児童たち=焼津市の和田神社
「乙女の舞」を披露する児童たち=焼津市の和田神社

 舞を奉納したのは、和田小6年の真喜志愛さん(11)、伏見美陽さん(11)と同小5年の真喜志結さん(10)、稲森琉華さん(10)の4人。参拝客が見守る中で、約2カ月間にわたる練習の成果を発揮し、優雅な舞を披露した。
 4人の舞に合わせて、同小2~5年の児童6人が「乙女の舞」と題した歌を披露した。真喜志愛さんは「神様の前で緊張したけど、練習通りにうまく踊れて良かった」と話した。
 (焼津支局・福田雄一)

 

いい茶0
メールマガジンを受信する >