漫画ぽんこつポン子 モデルの町で展示会 沼津市戸田地区

 沼津市の戸田地区をモデルとした町が舞台の漫画「ぽんこつポン子」を取り上げた展示会が25日まで、同市戸田の道の駅「くるら戸田」で開かれている。作者の矢寺圭太さんの生原稿などを集め、作品を通じて戸田地区の魅力を発信している。

複製原画やキャラクターの顔出しパネルなどを設置した展示会=沼津市のくるら戸田
複製原画やキャラクターの顔出しパネルなどを設置した展示会=沼津市のくるら戸田

 同作は週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で連載中のコメディー。同地区の港や喫茶店、スーパーなどを背景に取り上げた生原稿や、複製原画など約30点が並ぶ。展覧会用に準備された顔出しパネルには主人公のポン子や主要登場人物が描かれ、舞台になっている架空の町「日坂」のバス停の標識も設置するなど、来場者の注目を集めている。
 同作は戸田観光協会とタイアップして、同地区の観光PRに協力している。同協会の山本恵利香さん(32)は「戸田の町が鮮明に描かれている。ファンの人はもちろん、地元の人にも楽しんでほしい」と話した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >