マンションリノベ強化 リクシル、地元工務店と連携 静岡県西部

 住宅設備大手LIXIL(リクシル)の浜松営業所(浜松市東区)は、少子高齢化や地方移住の加速などに伴って需要が増えるマンションのリノベーション事業に本格的に乗り出した。築15年ほどのマンション(同市中区高丘)で手掛けたモデルルームを4日まで住民らに内覧公開し、魅力を発信している。

キッチンやリビングを含め室内全てが真新しくリフォームされたマンション=浜松市中区高丘
キッチンやリビングを含め室内全てが真新しくリフォームされたマンション=浜松市中区高丘

 同営業所は築年数20年前後のマンションが郊外にも多い浜松の特性を踏まえ、地元工務店と連携して営業活動を強化。高丘のマンションでは仲田建築(北区)と手を組み、新規入居用にキッチンやリビングを含めた1室全てをリフォームした。
 コロナ禍で首都圏から地方への移住が加速し、浜松を中心に県西部での中古マンションの再販需要は増えるとみる。全国を網羅するネットワークやショールーム窓口を生かし、住宅業界や顧客層向けの勉強会も計画する。
 角谷充俊営業主任(44)は「住設機器を総合的に扱う強みを生かして地域社会の需要に応え、課題の解決を手伝えたら」と話す。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0