安全な農林水産物、3事業者を県認定 静岡県西部農林事務所

 静岡県西部農林事務所はこのほど、「しずおか農林水産物認証制度」の認定書授与式を浜松市中区の県浜松総合庁舎で開いた。丸浜ブルーベリー部会(北区)と高平農園(同区、ミカンやブドウ)、柴田農園(湖西市、イチゴ)の3事業者が新規取得した。

「しずおか農林水産物認証制度」の認定書を受けた3事業者の代表(中央)=浜松市中区の県浜松総合庁舎
「しずおか農林水産物認証制度」の認定書を受けた3事業者の代表(中央)=浜松市中区の県浜松総合庁舎

 安全な農林水産物の生産者を県が認定する制度。同事務所の平松久典所長が認定書を手渡し、「経営にさらなる磨きをかけ、地域のモデルとして頑張ってほしい」と呼び掛けた。各事業者の代表は「ブランド力の向上につなげたい」「規模拡大を図りたい」などと今後の抱負を話した。
 県西部の認証取得は水産物を含め27件になった。県は土壌や資機材、異物混入など80項目を審査し、適合した生産者は認証マークとシールを使って商品を販売できる。

いい茶0
メールマガジンを受信する >