プログラミング、ロボット動くかな? 浜松日体中が児童向け教室

 浜松市東区の浜松日体中は27日、「科学・ロボコン教室」を同校で開いた。浜松、磐田両市の児童と保護者15組が参加し、プログラミングによるロボットの操作を学んだ。

プログラミングしたロボットの動きを確かめる参加者=浜松市東区の浜松日体中
プログラミングしたロボットの動きを確かめる参加者=浜松市東区の浜松日体中

 参加者は同校の庄内俊司教諭の指導を受け、パソコンでロボットの前進や後退、センサーで明るさを感知して停止といった動きをあらかじめ設定。廊下では実際にロボットを走らせ、指示通りに動くか確かめた。
 参加者の高知尾春介君(西都台小5年)は「最初は難しかったけれど、慣れたら自分が思ったように動かせて楽しい」と話した。
 教室は今回で9回目。プログラミングの基礎知識を習得するとともに、試行錯誤しながら課題解決につなげる力を身につけてもらおうと企画した。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0