SPACせかい演劇祭 宮城監督が作品紹介「生の舞台今こそ」

 県舞台芸術センター(SPAC)は24日、静岡市内でゴールデンウイークに開催する「ふじのくに→←せかい演劇祭2021」の上演作品に関する記者発表を静岡市駿河区の静岡芸術劇場で開き、宮城聰芸術総監督は「生の舞台は今こそ必要」と語った。

「ふじのくに→←せかい演劇祭」の上演作品について説明する宮城芸術総監督=静岡市駿河区の静岡芸術劇場
「ふじのくに→←せかい演劇祭」の上演作品について説明する宮城芸術総監督=静岡市駿河区の静岡芸術劇場

 上演作品は、イタリアの演出家による「野外劇 三文オペラ」と、SPAC新作「おちょこの傘持つメリー・ポピンズ」の2作。東京五輪・パラリンピックの共催プログラムとして「アンティゴネ」の上演を同時開催する。
 例年は国内外の10作程度を上演する演劇祭は昨年、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて映像配信などの代替企画を実施した。今年もウェブ開催を検討したが「演劇にはテクノロジーでは認識できない情報のやりとりがある」と生の舞台を提示する意義を強調した。
 せかい演劇祭は4月24日から5月5日。5月2日から5日は静岡市街地各所で演劇やダンスなどのパフォーマンスイベント「ストレンジシード」も予定されている。
 (文化生活部・宮城徹)

いい茶0
メールマガジンを受信する >