トレーラーに追突、誘導車両の運転手死亡

 26日午前4時45分ごろ、富士市鮫島の国道1号で乗用車が大阪府交野市の男性会社員(55)が運転する大型トレーラーに追突した。乗用車の運転手は頭などを強打し、搬送先の病院で死亡が確認された。富士署によると追突した乗用車は、トレーラーに追従して後方を警戒する誘導車両だった。大型トレーラーが減速した際に追突したとみられる。現場は片側3車線の直線道路。同署が運転手の身元と原因を調べている。

SNSでシェアするSHARE

いい茶0