伊豆の国道、5メートル陥没 復旧のめど立たず

 伊豆市大平の国道136号で22日、幅約6メートル、長さ約5・5メートル、深さ約5メートルの陥没が確認された。復旧のめどは立っていない。

道路の陥没が確認された現場=22日午後6時55分ごろ、伊豆市大平
道路の陥没が確認された現場=22日午後6時55分ごろ、伊豆市大平

 県沼津土木事務所によると、同日午後2時半ごろ、付近の住民からの通報で発覚し、ラフォーレリゾート修善寺に通じる道路の交差点と高橋橋の間の約200メートルを通行止めにしている。けが人はいなかった。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞