静岡空港新駅要望へ リニア同盟会 高速交通網構想 国、JRに総会後

 リニア中央新幹線沿線自治体でつくる建設促進期成同盟会が、静岡空港への東海道新幹線新駅の設置を含めた高速交通網構想を取りまとめ、7日の総会後に国土交通省やJR東海に要望する方向で調整していることが4日、関係者への取材で分かった。同盟会が静岡空港新駅設置を国やJRに要望するのは初めて。開業に伴う経済効果を拡大し、リニア建設促進の機運を高める狙いがある。
 山梨県の長崎幸太郎知事の発案で2023年1月、同盟会内にリニア開業後の高速交通ネットワークに関する研究会を設置し、各自治体の担当者が議論を続けていた。
 関係者によると、総会に示す報告書の中で、リニア開業に伴う経済効果を各地域に広げるために鉄道、道路、空港を結びつけた高速交通網を形成する必要性を強調。東海道新幹線については、静岡空港新駅と、神奈川県などが要望活動を行っている新横浜―小田原駅間の新駅設置を提示するという。
 総会で了承した後、同盟会の総意として国交省やJRに将来的な実現を要望する。東海道新幹線沿線地域の振興の重要性を指摘し、「ひかり」「こだま」の便数増加も改めて求める。研究会は7日の総会をもって活動に区切りを付けるという。
 本県は水資源と自然環境への影響を懸念し、県内でのリニア工事を認めていない。鈴木康友知事は環境問題の解決を優先する考えを示しつつ「本県にどういうメリットを与えてくれるのかも詰めていく」とし、リニア開業後の空港新駅設置などをJRに求める考えを示している。JRはこれまで一貫して空港新駅に否定的だが、同盟会の動きが後押しにつながるのか注目される。
 (政治部・尾原崇也)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞