⚽五輪前米国遠征 静岡県勢は鈴木海ら4人選出 サッカーU-23

 日本サッカー協会は30日、米国に遠征する男子のU-23(23歳以下)日本代表に藤田(シントトロイデン)細谷(柏)ら25人を選出した。20歳の佐野(NECナイメヘン)が初招集。パリ五輪への強化として6月7、11日に米カンザスシティーで、五輪に出場するU-23米国代表と親善試合を行う。7日は非公開で実施する。

記者会見するサッカーU―23日本代表の大岩剛監督(右)と、日本サッカー協会の山本昌邦ナショナルチームダイレクター=東京都文京区
記者会見するサッカーU―23日本代表の大岩剛監督(右)と、日本サッカー協会の山本昌邦ナショナルチームダイレクター=東京都文京区

 フル代表に定着していたGK鈴木彩(シントトロイデン)や、五輪最終予選を兼ねた4~5月のU-23アジア・カップに不参加だった斉藤、三戸(ともにスパルタ)らが復帰した。オーバーエージ(OA)枠として本大会で3人まで起用できる24歳以上の選手は含まれなかった。五輪で日本は1次リーグD組、米国はA組に入っている。
 U-23日本代表は次の通り。
 GK 小久保玲央ブライアン(ベンフィカ)鈴木彩艶(シントトロイデン)野沢大志ブランドン(FC東京)▽DF 内野貴史(デュッセルドルフ)大畑歩夢(浦和)西尾隆矢(C大阪)バングーナガンデ佳史扶(FC東京)半田陸(G大阪)関根大輝(柏、静岡学園高出)鈴木海音(磐田、磐田ユース出)チェイス・アンリ(シュツットガルト)高井幸大(川崎)▽MF 平河悠(町田)松村優太(鹿島、静岡学園高出)佐藤恵允(ブレーメン)川崎颯太(京都)斉藤光毅(スパルタ)、三戸舜介(スパルタ、JFAアカデミー福島出)山本理仁、藤田譲瑠チマ(以上シントトロイデン)松木玖生(FC東京)佐野航大(NECナイメヘン)▽FW 藤尾翔太(町田)細谷真大(柏)荒木遼太郎(FC東京)

OA招集にハードル  五輪前最後の遠征にオーバーエージ(OA)枠の選手は入らなかった。かねて大岩監督(清水商高出)は6月からの合流を模索していたが、代表を統括する山本ダイレクター(沼津市出身)はOAに関する調整が「難しさを極めている」と説明。本番で起用できたとしても、既存戦力との融合は大会直前となる。
 男子のサッカーはワールドカップ(W杯)が最高峰で、五輪の地位は高くない。国際サッカー連盟(FIFA)の定める国際試合期間外で、選手の出場には各所属クラブの許可がいる。若手の海外移籍が加速して五輪世代の招集にも苦労しており、より大きなクラブでプレーするフル代表クラスを呼ぶハードルは「非常に高い」(山本ダイレクター)。五輪出場を願っていた選手でも移籍などが絡む夏が近づくと及び腰になるのが実情だ。
 地元開催だった東京五輪は各クラブの理解を得やすかった。当時のOA枠の3選手は6月の試合に向けた活動から加わり、本番は4強まで進んだ。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞