不法投棄物、山中で回収 静岡市が監視パトロール出発式

 全国ごみ不法投棄監視ウイーク(30日~6月5日)に合わせて静岡市は30日、取り組み強化のため、不法投棄の監視パトロール出発式を葵区の静岡県トラック協会研修センターで行った。

不法投棄物を回収する参加者=静岡市葵区
不法投棄物を回収する参加者=静岡市葵区

 出発式には市職員と市内3警察署員をはじめ、市山間地等廃棄物不法投棄監視員、県産業廃棄物協会中部支部員の計約50人が参加。「監視パトロール中」などのマグネットシールを貼った車両が、パトカーと共にパトロールに出発した。
 出発式の後、不法投棄物の回収も実施。事前調査などで不法投棄物が見つかった葵区北の山中で、市職員や同支部員ら約30人がタイヤやエアコンなど約510キロ分を回収した。
 市廃棄物対策課の担当者は「最近は家庭ごみなどの投棄が多い。定められた適切な方法で処理してもらいたい」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞