フルート演奏にうっとり 富士山静岡交響楽団定演 静岡市清水区

 富士山静岡交響楽団は25日、静岡市清水区のマリナートで第124回定期演奏会(静岡新聞社・静岡放送共催)を開いた。指揮者に鈴木優人さん、フルートに上野星矢さんを招き、息の合った演奏を披露した。

息の合った演奏を披露した富士山静岡交響楽団の第124回定期演奏会=静岡市清水区のマリナート
息の合った演奏を披露した富士山静岡交響楽団の第124回定期演奏会=静岡市清水区のマリナート

 演奏したのはモーツァルトの歌劇「魔笛」序曲とフルート協奏曲第1番ト長調、ブラームスの交響曲第4番ホ短調の計3曲。フルート協奏曲では、オーケストラをバックに上野さんがソロを務めた。訪れた約500人は熱心に聴いた。
 同交響楽団はマリナートでの公演を皮切りに本年度は計12会場、6回の定期演奏会を予定する。著名な指揮者やバイオリン奏者、ピアニストとのコラボを企画している。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞