日本最古の植物化石を発見 4億1000万~3億9000万年前 静岡大のルグラン助教ら 岩手の地層で

 静岡大理学部のルグラン・ジュリアン助教と同大創造科学技術大学院のマヘル・アフメド博士らの研究グループが、岩手県大船渡市で日本最古の植物化石を発見した。古生代前期デボン紀にあたる約4億1000万~3億9000万年前の胞子化石群集で、従来の最古記録を1000万年以上さかのぼる。

電子顕微鏡で撮影した胞子化石(日本古生物学会提供)
電子顕微鏡で撮影した胞子化石(日本古生物学会提供)
ルグラン・ジュリアン助教
ルグラン・ジュリアン助教
電子顕微鏡で撮影した胞子化石(日本古生物学会提供)
ルグラン・ジュリアン助教

 化石群集を電子顕微鏡で観察したところ、原始的な維管束植物やシダ類の祖先など草本性(そうほんせい)の植物が含まれていた一方、木になる木本性(もくほんせい)の植物は見つからなかったことから、当時の東北日本に“草原”が広がっていたことが初めて分かった。植物が爆発的に多様化したデボン紀前期のアジアの植生データは少なく、植物進化史の解明に貴重な手掛かりを与える成果という。
 デボン紀は約4億2千万年前に始まった地質時代。前期には維管束植物の祖先が急速に多様化し、現在見られる植物の祖先が出そろったとされる。維管束は根から茎、葉を貫いて水や養分を運ぶ組織で、この発達により植物は背丈を伸ばすことができるようになった。これまで日本で見つかっていた最古の植物化石は約3億8千万年前のリンボク類(木生のヒカゲノカズラ類)の一種だった。
 胞子化石は中国南部の同時期の地層から見つかった種類と共通点が多く、現在の東北日本と中国南部の地層が当時、近い場所で堆積したことも示唆された。
 ルグラン助教は「今後は他地域の地層でも研究を進め、陸上植物の初期進化や多様化、分布拡大の過程について解明していきたい」と展望を話した。研究成果は3月、日本古生物学会の国際誌に掲載された。
 (社会部・鈴木志穂)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞