過去最多の新人6氏出馬へ 静岡県知事選9日告示 リニアなど争点

 川勝平太知事の辞職に伴う静岡県知事選は9日に告示され、26日の投開票に向けた17日間の選挙戦が始まる。いずれも新人で、元副知事の大村慎一氏(60)=自民党推薦=と前浜松市長の鈴木康友氏(66)=立憲民主党、国民民主党推薦=、共産党県委員長の森大介氏(55)=共産党公認=のほか、新人3氏が立候補を表明している。6氏全員が出馬すれば、1947年に公選制となって以降、知事選として県政史上最多の立候補者数となる。リニア中央新幹線整備や浜松市の新野球場建設といった県政課題を巡り、多くの県民の理解を得られる主張を展開できるかが焦点だ。
 大村氏はリニア問題に「1年で結果を出す」と早期解決をアピール。新野球場は建設を確約した上で、高コストのドーム型には慎重な姿勢を示し「ゼロベースで考える」と強調する。
 「有言実行」を合言葉に36年間の総務官僚経験を通じて育んだ広い人脈や専門知識、実行力を訴える。「防災のプロ」を自任し、最優先課題に掲げる防災対策で道路整備など平時からの対策の重要性を説く。
 鈴木氏は大井川流域市町やJR、国との対話を密にしてリニア問題の解決を図る考え。新野球場はドーム型を核に、周辺の一体的な整備によるにぎわい創出を唱える。県市調整会議を設置する方針も打ち出した。
 衆院議員2期5年、浜松市長4期16年の豊富な実績を強調。「オール静岡で幸福度日本一の静岡県をつくろう」と呼びかけ、最重要政策に挙げる産業振興の全県展開を目指す。
 森氏は「リニア、原発を許さず、暮らし、命が最優先の県政」を訴える。県民の声に耳を傾け、国や大企業にも意見する県政の実現を描き、医療・福祉の充実も重視する。リニア問題は川勝県政の慎重姿勢を評価。新野球場、浜岡原発再稼働に批判的な立場で、大村氏や鈴木氏の反対票の受け皿を狙う。
 政治団体「個人の尊厳党」代表横山正文氏(56)、アパート経営村上猛氏(73)、コンサルタント会社社長浜中都己氏(62)も出馬を表明している。
 立候補の届け出は午前8時半から午後5時まで、県庁で受け付ける。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞