松崎の若手農家ら耕作放棄解消に力 草刈り機導入、整備

 松崎町の若手農家で組織する町農業振興会後継者育成部会がこのほど、町内の耕作放棄地対策に着手した。作業の効率化を図るために草刈り機1台を新たに導入し、同町岩科南側の農地で整備に取り組んだ。

耕作放棄地を整備する松崎町農業振興会後継者育成部会のメンバー=同町岩科南側
耕作放棄地を整備する松崎町農業振興会後継者育成部会のメンバー=同町岩科南側

 町内では人口減少や高齢化によって耕作放棄地が増え、農作物への被害増加が懸念されている。この日は、3人が草刈り機の使い方を確認しながら約500平方メートルを整備した。
 鈴木茂孝副部会長は「近年は町内に移住して新規就農する人もいる。農業がしやすい環境整備をしていきたい」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞