春呼ぶ「河津桜」見頃 川沿い染めるピンクの帯

 早咲きの河津桜の全国的な名所として知られる河津町で、一部の桜が見頃を迎えている。町内の桜並木が一足早い春の訪れを告げ、県内外からの大勢の観光客を出迎えている。

見頃を迎えた河津桜。晴天の下、多くの観光客がピンク色に染まる川沿いの散策を楽しんでいた=13日午後、河津町(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から撮影)
見頃を迎えた河津桜。晴天の下、多くの観光客がピンク色に染まる川沿いの散策を楽しんでいた=13日午後、河津町(静岡新聞社ヘリ「ジェリコ1号」から撮影)

 町中心部を流れる河津川沿い約4キロには、河津桜約850本が立ち並んでいる。県農林技術研究所伊豆農業研究センター(東伊豆町)によると、全域的な見頃の七分咲きは18日と予測されている(9日現在)。
 ただ、上流部を中心に美麗に花を咲かせていて、第34回河津桜まつり実行委は桜並木の開花状況を「四分咲き~見頃」とし〝見頃宣言〟を既に発表している。
 桜まつりは29日まで。70万人の来訪が見込まれている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ

動 画

地域再生大賞