等身大のひな人形15体並ぶ 藤枝・岡部宿大旅籠柏屋 4月7日まで

 藤枝市の岡部宿大旅籠(はたご)柏屋で4月7日まで、ひなまつりが開かれている。等身大のひな人形15体のほか、市指定有形文化財の「御殿飾」など多彩な展示品があり、親子連れらが見物に訪れている。

等身大のひな人形が並ぶ「ひなまつり」=藤枝市の岡部宿大旅籠柏屋
等身大のひな人形が並ぶ「ひなまつり」=藤枝市の岡部宿大旅籠柏屋

 等身大のひな人形は地元の人形師の故薮崎好光氏が1969年に完成させた作品。内裏びなや三人官女、五人ばやしが並ぶ。仕事を終えた仕丁が酒を飲んでくつろぐ様子を表現するなど、作者の遊び心も感じることができる。
 御殿飾は岡部宿の山内家に伝わった京風のひな飾り。京都御所を模した建物3棟に40体以上を配置した華やかさが目を引く。つるしひな飾りや可睡斎のひな人形も展示した。
 2月25日と3月9、17日は扇子の飾り付け体験、同3日はおひなさま衣装の着付け体験や音楽イベントなどを予定する「ひなまつりスペシャルデー」が行われる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞