裾野市民文化センター 改修設計費1400万円 補正予算案提出へ

 裾野市は8日、市民文化センター大ホールの改修工事実施設計委託費1400万円を盛り込んだ2023年度一般会計補正予算案を市議会2月定例会に提出すると発表した。
 大ホールは22年9月に発生したスプリンクラー作動による浸水被害で利用を中止しているが、26年度中の再開を目指して改修工事を実施する。スプリンクラーも修繕するという。
 2月定例会は15日開会予定。補正予算案には委託費を含む6700万円を追加し、歳入歳出の総額は217億8500万円になる。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞