保育支援システム導入 静岡市 57施設に

 静岡市は31日、市立こども園と待機児童園全57施設に保育業務支援システムを導入した。園児の登園や降園の管理、遅刻、欠席などの連絡をシステム化することで、園児の安全確保や保護者と園の負担を軽減し、保育の質の向上を目指す。
 導入したのは東京のIT企業「コドモン」のシステム。園児の登降園時にQRコードを読み込み、タブレット上で園児を選択すると在園状況を把握できる。出席簿の作成や延長保育料の計算といった業務の自動化も可能だという。
 保護者は園児の欠席、遅刻、お迎え、延長などの連絡をスマートフォンのアプリから時間帯を気にせず画面上で済ませられる。県内では同様のシステムが同市を含め、23市町で導入されている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞