補正予算案など26議案可決、承認 掛川市議会閉会

 掛川市議会11月定例会は18日、最終本会議を開き、2023年度一般会計補正予算案や議員報酬に関する条例の一部改正案など26議案を原案通り可決、承認した。追加上程した民生委員・児童委員の担い手不足解消を国に求める議員発議の意見書も可決し、閉会した。
 閉会に先立ち、議会事務局の男性主任が預かり金を持ち出して私的使用したとして懲戒処分になった問題で、久保田崇市長と山本裕三議長がそれぞれ陳謝した。主任は処分を受けた4日付で依願退職している。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞