介護ロボット 最新技術体験 静岡でフォーラム

 介護労働安定センター静岡支部はこのほど、介護ロボットの普及啓発を図る「介護ロボット地域フォーラム」を、静岡市駿河区のグランシップで開いた。県内外から約20企業が出展し、最新の介護ロボットを展示した。

介護ロボットを体験する来場者=静岡市駿河区
介護ロボットを体験する来場者=静岡市駿河区

 マットレスの下に敷いた体動センサーで、離床のタイミングをスマートフォンなどで把握できる見守り支援システムや、日常会話を楽しめるコミュニケーションロボットが来場者の注目を集めた。水山篤之支部長は「ロボットの導入で介護職員の負担が減り、より質の高い福祉の提供につながったらうれしい」と期待した。
 会場内ではシンポジウムも行われ、県介護保険課の加藤克寿課長が、介護ロボットや情報通信機器の導入を支援する補助金の制度を紹介した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞