不法投棄撲滅へ 磐田駅で街頭広報

 静岡県の不法投棄撲滅月間に合わせて県西部健康福祉センターはこのほど、防止を呼びかける街頭活動をJR磐田駅周辺で実施した。

不法投棄防止を呼びかける街頭キャンペーン=JR磐田駅周辺
不法投棄防止を呼びかける街頭キャンペーン=JR磐田駅周辺

 利用客が多い朝の通勤通学時間帯に合わせて活動した。センター職員や県産業廃棄物協会中遠支部、県西部解体工事業協会会員、センター管内の行政担当者計17人が、不法投棄発見時の通報窓口を記した啓発品を通行人に手渡した=写真=。
 センターによると、県内における2022年度の産業廃棄物の不法投棄は8075トンで、21年度の17トンを大きく上回っている。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞