静岡県の委託業者 メール誤送信 アドレス30人分漏えい

 静岡県は29日、事務局を務める「静岡茶輸出拡大協議会県域研修会」の運営委託業者が、参加予定者30人にメールで資料送付した際、全ての受信者のメールアドレスが表示される方法で誤送信したと発表した。
 誤送信は研修会前日の27日夜で、委託業者が参加予定者の65人中30人に対し、受信者に他人のメールアドレスが表示されないよう設定すべき手順を誤った。県担当者が28日朝に気づき、全員にメールの削除、廃棄を依頼して謝罪した。漏えいした情報はメールアドレスのみという。
 県は「委託業者に対し、メール送信時に複数回チェックするなどの再発防止を指導した」とした。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞