天竜芸術祭美術展 市民の力作ずらり 28日まで

 浜松市天竜区の二俣協働センターで23日、同区にゆかりのある市民が芸術作品を披露する「第19回天竜芸術祭美術展」(静岡新聞社・静岡放送後援)が始まった。写真や日本画、書道、彫刻など10分野計191点が集まり、来場者を楽しませている。28日まで。

多彩な作品が並ぶ天竜芸術祭美術展=浜松市天竜区
多彩な作品が並ぶ天竜芸術祭美術展=浜松市天竜区

 4年に1回選出される芸術祭大賞には尾沢和子さんの日本画「春うらら」、芸術祭準大賞には曽我清臣さんの油絵「刻」が選ばれた。鈴木真佐雄実行委員長(73)は「各分野から多彩な作品が集まった。多くの人に楽しんでもらいたい」と話す。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞