税を考える週間 静岡駅で啓発品 県法人会連合会

 静岡県法人会連合会は8日、「税を考える週間」(11~17日)に合わせた街頭広報をJR静岡駅コンコースで展開した。愛知県法人会連合会と連携し、岐阜、愛知、静岡の3県を横断する広報活動の一環。

駅利用者に啓発品を配る佐藤さん(左)=JR静岡駅
駅利用者に啓発品を配る佐藤さん(左)=JR静岡駅

 愛知県法人会連合会広報大使の俳優佐藤奈織美さんと、東海地域を拠点に活動するボーイズグループ「MAG!C☆PRINCE」の3人が両連合会の青年経営者ら約20人とともにコンコースに立った。駅利用者に啓発品を配布し、10月に始まったインボイス(適格請求書)制度の周知や国税電子申告・納税システム「e―Tax」の利用を呼びかけた。佐藤さんは自身らの広報活動を通じて「税が身近な存在で何に使われているか考えるきっかけになれば」と願った。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ
地域再生大賞